今西物流株式会社は、奈良県を拠点に物流倉庫業務から
物流配送・保冷配送を主に行う物流会社です。

電話番号

安全への取り組み

Gマーク制度とは
全国貨物自動車運送適正化事業実施機関である公益社団法人全日本トラック協会は、トラック運送事業者の交通安全対策などへの事業所単位での取り組みを評価し、一定の基準をクリアした事業所を認定する貨物自動車運送事業安全性評価事業を実施しています。
この貨物自動車運送事業安全性評価事業は、利用者がより安全性の高い事業者を選びやすくするとともに、事業者全体の安全性の向上に対する意識を 高めるための環境整備を図るため、事業者の安全性を正当に評価し、認定し、公表する制度です。
平成28年3月31日現在、安全性優良事業所は22,242事業所あり、これは全事業所数の26.5%にあたります。
「安全性優良事業所」認定のシンボルマークは、高評価を得た事業所のみ与えられる”安全性”の証です。”G”の由来はGood「よい」、Glory「繁栄」の頭文字「G」を取ったものです。
公益社団法人 全日本トラック協会より引用

Gマーク認証取得

当社は、安全への取り組みの一環として安全・安心が見える信頼の「G」マークを取得し、社員の交通安全への意識の持ちようを【最優先業務】として社員教育に力を入れております。
具体的に、当社社長今西自らが作業管理として社員教育に幹部と取り組んでおります。
また、我々の重要な考えと致しまして、社員の「安全運行」と「常識レベル」を最優先させる為、安全運航においては「デジタルタコグラフ」にて管理を実施、また荷主様に対する「安全に商品をお届する」と言う目的から、各車両においては「GPS端末装置」による現在地のリアルタイム化した情報を弊社内のシステムで一括管理を行い、顧客様への安全輸送を提供させて頂く事を最優先だと当社は考えております。
そして輸送する事は「荷主様の代表である」と考え、現地へ伺い満足頂けるサービス提供を目指す事が最優先である内容から、ミーティングや社員教育などを日々実施させて頂いています。
あらゆる内容や工程には全て社員の教育を徹底させなければ、お得意先様、荷主様の利益にも「直接関係がある。」とも当社は考え、荷主様との連携やヒヤリングを実施させて頂く事により、「信用・信頼」を築きあげて行く内容でもあり、現地で作業する社員などにも御指導や助言など頂ければ幸いであると考えます。

安全やその他への取り組み

現在、上記に記載させて頂いております「デジタルタコグラフ」「GPS集中管理システム」により車両情報などで車両情報を収集し、車両情報を基本に安全運航における注意点や的確な「運航・作業」を管理し、問題があるならば即座に改善実施を行い、結果を出す行動を社員が実施すると言う取組を行っております。
また車両管理においては駐機時に車両から離れる際においては施錠管理の徹底や荷台施錠の指差し確認を実施し、運航時においては「急減速・急加速」なども厳禁しております。
そして日々の社員管理においては、過労による作業時間拘束を根絶させ、体調管理においては「点呼・ミィーティング」実施での管理者の確認、冬季においてはインフルエンザワクチンの接種を全従業員で行い、荷主様や御得意先様への業務での支障を出さない取組なども実施しております。

安全定例会議(1ヵ月)

日々の業務の中で表れた問題点や検討事項を社員全員が共有化し問題解決を行うため安全定例会議を月1回毎に開催し、PDCAサイクル=計画(plan)、実行(do)、評価(check)、改善(act)を実施しております。

応募フォーム

メールはこちら

メールはこちら

採用情報