今西物流株式会社は、奈良県を拠点に物流倉庫業務から
物流配送・保冷配送を主に行う物流会社です。

電話番号

車両システムの紹介

MCA無線

当社は早くから、このシステムに着目して車両の9割に装着を完了させました。
デジタルタコグラフは車両データをICカードにデータを蓄積させ、車両が帰社するまで動体把握等は実際には可能ではありません。
それに比べ、このシステムは業務用無線の電波に車両GPSユニットを装着させ全国のあらゆる場所で車両が移動しても、音声通信も可能でもあり、MCA無線のシステム管理があるパソコンで車両動体を瞬時にに管理する事が出来ます。
また「配車効率」「安全管理」「誘導等の案内」なども出来るシステムであります。
ドライバーが配送先の道に迷った時の案内や、詳細地図において配車効率を地図上で確認する事も可能であります。

デジタルタコグラフ

当社は「安全運行」「輸送品質向上」「ドライバー教育」の3つの重要な大切な取り組みから導入を実施致しました。また燃費にかけては設置前と比較しても変化もあり、輸送時における破損事故・車両事故等も減少する結果としても効果を上げております。
デジタルタコグラフは「急発進・急停止・速度超過・高回転」のセンサーを車両に装着し、GPSユニットを併用させる事により、定期配送店等の配送指定時間等に的確な業務を「安全と効率」輸送の目的を可能にさせる事も現在実施させて頂いております。
また荷主様のシステムと提携し、独自のデータ提出等をさせて頂いております。

【後退時支援カメラ】バックアイ

現在、多くのトラック・車両に装着される事業所が増えました。
当社はドライバーの為では無く、安全にを追求する為に装着を実施しております。
現在では、カラー画像での映像になるので障害物等の判別も比較的に発見や回避が可能になりました。
また当社では、カメラ画像に頼らずに後退時はドアを開け確認、窓を開け「音」などの注意も怠らない指導と、カメラと併用による安全を実施させます。

AEBS(先進緊急ブレーキシステム)

大型車にはAEBS(先進緊急ブレーキシステム)が搭載されております。
TEB(トラフィックアイブレーキ)の機能のひとつであるAEBSは、追突リスクを低減します。ミリ波レーダーが前方車両への衝突リスクを検知すると、警告灯とブザーの両方でドライバーに注意を促します。またドライバーが回避行動を取らない場合、自動減速で衝突を回避、または衝突時のダメージを軽減します。

各車両にはABS機能

ABSとは、アンチロック・ブレーキシステム(Anti-lock Brake System)の略称で、急ブレーキをかけた時などにタイヤがロック(回転が止まること)するのを防ぐことにより、 車両の進行方向の安定性を保ち、また、ハンドル操作で障害物を回避できる可能性を高める装置です。

メールはこちら

メールはこちら

車両の紹介