Safety

安心・安全への取り組み

我々の重要な考えと致しまして、社員の「安全運行」と「常識レベル」を最優先させる為、
様々な取り組みを行っております。

従業員満足度 = 顧客満足度

社員が誇れる会社づくり

まずは従業員満足度を確立し、社員が誇れる会社づくりを理念におき、安全管理をはじめ、社員一人一人が充実した社会生活を送れることを第一に考えます。
それがひいては「お客様のため」だけではなく、企業が成長し続けるための重要なことだと考えます。

入社時は、まず健康診断の受診・初任者診断の受診を義務づけています。近年、運輸業界では重大事故に繋がる要素、自分自身の健康状態を良好だと不本意に思う体の過信・運転に対する癖や過信を払拭するために、まず健康チェック・運転チェックを行ない各個人の状態を把握したうえで当社の新人ドライバーマニュアルに従い、「安全第一」を重要視し、横乗り指導期間1ヶ月を設けています。
又、体調面では当社の事務員が看護師資格を持ち、健康相談も随時対応しております。

日々のドライバーケア

Dirives

最重要のケアとして、当社はドライバーのケアを第一としてます。

健康診断

日々の体のサポートは事務員のもと看護師に相談など行っております。

適正診断

豊富な経験から、ドライバーの長所をたくさん見つける取り組みを行っております。
その中で適正を判断しております。

安全会議実施

仕事の悩みやストレスによる事故を事前に防ぐための会議を日々、実施しております。

安全・安心に向けた運用トラックのシステムをご紹介

車両システムの紹介

System

MCA無線

全車両に危険周知や道路情報等の共有を一斉に発呼できるシステムになっております。NTTドコモの電波を利用している為、日本全国での通話が可能になり、乗務員様同士での道路情報などの共有や天候の情報などを共有できることで、迂回ルートを選択できたり、事故の危険周知を発呼して頂く事で、一人一人が危機意識を持ち、1件でも多く事故を未然に防ぐ取り組みを行っております。

ドコマップアイ

全車ドライブレコーダーの装着しております。急減速や超過スピードを検知するとリアルタイムで録画映像を確認する事ができますので、万が一の事故などの詳細を確認することが出来ます。

後方支援カメラ(バックアイ)

全車にバックアイカメラを装着しております。現在のカメラはカラー画像になるので、障害物等の判別も比較的に見やすくなり障害物の発見が早くなり回避が可能になっています。
しかし、当社ではカメラ画像に頼りすぎると周りの状況や音などが散漫になることから、後退時には、ドアを開け直接の目視・窓を開け「音」の確認を怠ることなく確認する事を乗務員様には伝えております。

大型車にはAEBS搭載
(先進緊急ブレーキシステム)

大型車にはAEBS(先進緊急ブレーキシステム)が搭載されております。
TEB(トラフィックアイブレーキ)の機能のひとつであるAEBSは、追突リスクを低減します。ミリ波レーダーが前方車両への衝突リスクを検知すると、警告灯とブザーの両方でドライバーに注意を促します。またドライバーが回避行動を取らない場合、自動減速で衝突を回避、または衝突時のダメージを軽減します。

各車両にはABS機能

ABSとは、アンチロック・ブレーキシステム(Anti-lock Brake System)の略称で、急ブレーキをかけた時などにタイヤがロック(回転が止まること)するのを防ぐことにより、 車両の進行方向の安定性を保ち、また、ハンドル操作で障害物を回避できる可能性を高める装置です。

車線逸脱抑制機能(大型車)

キャブ内に装備したカメラが左右の走行車線を検知し、車速60km/h以上で走行中にドライバーが意図せず走行車線から逸脱すると、警告灯とブザーで注意を促します。

ふらつき注意喚起装置(大型車)

キャブ内に装備したカメラが走行車線と車両との位置関係を認識し、車両のふらつき状況から運転に対する集中度を推測します。集中度が低下したと判断した場合に、2段階の警告音とマルチディスプレイのウォーニングメッセージの表示でドライバーに注意喚起し、休息を促します。

社内の取り組み

In-House

社内における安心・安全への取り組み

システムの情報収集と統合

トラックの「MCA無線」「ドライブレコーダー」「GPS集中管理システム」からの情報を収集し、車両情報を基本に安全運航における注意点や的確な「運航・作業」を管理し、問題があるならば即座に改善実施を行い、結果を出す行動を社員が実施すると言う取組を行っております。

安全定例会議(1ヵ月)

輸送する事は「荷主様の代表である」と考え、現地へ伺い満足頂けるサービス提供を目指す事が最優先である内容から、ミーティングや社員教育などを日々実施させて頂いています。

日々の業務の中で表れた問題点や検討事項、システムの収集情報を社員全員が共有化し問題解決を行うため安全定例会議を月1回毎に開催し、PDCAサイクル=計画(plan)、実行(do)、評価(check)、改善(act)を実施しております。

車両管理と社員管理

車両管理においては駐機時に車両から離れる際においては施錠管理の徹底や荷台施錠の指差し確認を実施し、運航時においては「急減速・急加速」なども厳禁しております。

日々の社員管理においては、点呼時に体調管理及び体温検査実施を行い、新型コロナウイルスの感染予防対策を徹底しております。冬季においてはインフルエンザワクチンの接種を全従業員で行うようにしております。

安全への取り組みや工程にはお得意先様、荷主様の利益にも「直接関係がある。」とも当社は考え、荷主様との連携やヒヤリングを実施させて頂く事により、「信用・信頼」を築きあげて行きたいと考えてます。

24時間、夜中もお電話・メール対応中です!
お問い合わせ

Contact

なんでもお気軽にお問い合わせください。

Gマーク制度とは

Green Management

平成28年3月31日現在、安全性優良事業所は22,242事業所あり、これは全事業所数の26.5%にあたります。

Gマーク制度とは

全国貨物自動車運送適正化事業実施機関である公益社団法人全日本トラック協会は、トラック運送事業者の交通安全対策などへの事業所単位での取り組みを評価し、一定の基準をクリアした事業所を認定する貨物自動車運送事業安全性評価事業を実施しています。
この貨物自動車運送事業安全性評価事業は、利用者がより安全性の高い事業者を選びやすくするとともに、事業者全体の安全性の向上に対する意識を 高めるための環境整備を図るため、事業者の安全性を正当に評価し、認定し、公表する制度です。
「安全性優良事業所」認定のシンボルマークは、高評価を得た事業所のみ与えられる”安全性”の証です。”G”の由来はGood「よい」、Glory「繁栄」の頭文字「G」を取ったものです。

公益社団法人 全日本トラック協会より引用